てんかん発作の頭痛は日本てんかん学会のガイドライン

てんかんはてんかん発作を繰り返す脳の病気の総称です。てんかんは慢性的な脳の病気で痙攣や意識障害が突然起こります。原因は大脳が過剰に興奮しバランスがとれなくなり電気信号が乱れる事で発作を誘発します。症状は人によって違いますが一人一人発作の起こる脳の場所が決まっているので毎回、同じ発作を起こします。突然起こる事も多いのですが発作の前には手足の感覚がおかしくなったり頭痛を伴ったり機械音がしたり予兆がある人もいます。発作の起こる1日前になるとイライラしたり頭痛やめまい等の症状がある人もいるので体調に変化があった場合にはパターンを知る事によって気をつける事ができます。てんかんの発病率は1000人のうち4~9人の割合で3歳以下が比較的多いようです。ただ最近では高齢者も増えてきていて高齢発症の原因は三割が脳卒中です。高齢者の場合は特に様々な症状があり一過性脳虚血発作や片頭痛をてんかんと診断したり逆に認知症と判断されてしまう事があるので日本てんかん学会では診断・治療ガイドラインを設けています。ガイドラインでは若年層との比較や既往症との併用治療薬といったものに注意するよう書かれています。てんかんの検査は脳波や脳の画像検査等で判断します。主に投薬で発作を抑制していきますが手術を行う場合もあります。治療を続けていけば完治は可能です。詳しく調べたい場合日本てんかん学会にといあわせてみるのも一つの方法です。てんかん外科のある病院もあります。条件付きで自動車免許が取得できるようにはなりましたが事故も起こっており日本てんかん学会では診療を行う医師に自動車運転に関して適切な指導を行うよう注意喚起を呼びかけています。